平成20年度 合格者達の声


製図試験のウラ指導 ご愛読者
Sさんの声(東京都)

合格体験談
2008年度の設計製図試験に合格しました。
学科は去年合格していたので、今年は設計製図試験のみの受験でした。

過去を振り返ると、資格学校で学科製図共に受講した始めての受験、学科試験に合格するも製図試験でランクⅣ。
次の年は同じく資格学校で長期製図講座受講、ランクⅡ。
次は独学で学科に合格して資格学校の短期製図講座へ通い、毎週の講座の課題でも模試でも常に良い成績で合格確実と言われながら、試験の4日前から酷い風邪をひき試験日も薬を飲んでなんとか熱を抑えて受験するも力を出せずランクⅢ。

「もう資格学校で教わる事はひとつも無い」と担当営業マンの勧誘を断り、独学で設計製図試験を受けようと決め2008年度の設計製図試験に臨みましたが、1人でやる気が出ないまま、試験課題発表まで何もせずに過ごしてしまいました。

発表後も8月中は、フィットネスクラブのチラシの館内パースを見ながら「試験でこのプランは使えるかなぁ」などとぼんやり考えたり、ビジネスホテルをネットで探して試験に出そうな規模のホテルのHPを見るくらいで本格的に準備をせず。9月には近所にオープンしたフィットネスクラブの会員になって、泳いだり、マシントレーニングに行ったりしたついでに、スタジオやサウナ、浴室の大きさやトレーニングマシンの大きさや並び、フリーウェイトコーナーの場所や大きさ、利用者の動線をチェックするぐらい。

試験まで1ヶ月を切り、そろそろ本気で勉強しないとヤバイと焦り始めた頃から仕事が忙しくなってきて、平日仕事が終わると頭が疲れて勉強できる状態じゃなく、週末は日頃の疲れがでて体調を崩して寝たりしてると、なんと試験2週間前になっていまいました!!

そこから2週間でできることを考え、残り2週間毎朝4時に起きて始発電車に乗り、会社の近くのファミレスでモーニングを食べてから仕事が始まるまで勉強することにしました。

実は春頃に買っていた「2007年度版製図試験のウラ指導」の本を読み込みました。その中で、「もし、時間がなければ、本試験日までに、プロファイリングマニュアルだけでも読破しておいて下さい。アナタをデキル受験生からウカル受験生へとレベルアップさせてみせます。」の言葉を信じ、全ての課題でエスキスに行き詰ったらすぐにプロファイリングを読むようにして進めていきました。

前半の一週間で今までの受験で身に付けた自分のやり方にウラ指導のやり方を足した自分のエスキス手順を決め、後半の一週間は本屋で売ってる本年度の課題の付いた本を幾つか買って、その手順が通用するか課題を解いて練習してみました。

このときも最後までエスキスを完成させなくても途中で大まかなプランが固まった時点でどんどん解答をみてポイントを押えていればOKとしながら、自分の手順をブラッシュアップしていく事を重視して取り組んでいきました。

そしてとうとう試験前日になり、一枚くらいは図面を描こうと一年ぶりに平行定規を出してみると壊れて定規が動かない!!青ざめながらよく見るとレールから外れてるだけだったのではめ直し、作図手順を思い返しながら作図を始めたものの途中で集中力が切れてしまい、このままダラダラ作図を続けてもあまり価値がないと思い、作図を途中でやめて、残された時間で作図やエスキスの手順のポイントの整理をして、何度も頭の中で繰り返しイメージしました。

そんなこんなで、一度も5時間半の試験形式でエスキスから作図まで完成させることなく、ぶっつけ本番の感じで試験に臨みました。
当日もガムテープを忘れて試験会場近くの駅前のスーパーの開店を待って買ったり、試験会場へ向かうバスが脇道から出てきた車に衝突しそうになって急ブレーキでギリギリの所で止まったりと、ハプニングの連続でした。

試験が始まってから大きなミスはしないものの、準備不足でエスキスも作図も時間がかかり、完成できるかギリギリのところで心が折れそうになりながら、いろんな所を割り切って超犠牲系図面を完成させ提出してきました。
(すぐに思い付くだけでも、ホテルの利用者階段を1階まで通さない計画。基準階以外の平面にPS、DSの計画なし。階段の踏面や室内部の計画など全てフリーハンドで乱雑な仕上がり。時間がなかったので断面図はスラブや梁の断面を描かずに簡略化した断面を描いて未完成の失格を避け作図不足の減点狙い、などなど減点箇所満載!)

試験の一週間後に資格学校の採点会に再現図面を持っていくと、50点満点中20点台前半の採点で、今年の完成率の低さなど踏まえて合格ラインが下がっても合格の可能性はほとんど無いとの評価でした。

しかし、12月18日、合格者をチェックしてみると自分の名前がある!!!

製図試験のウラ指導の中に記載されていた、
「もし、時間がなければ、本試験日までに、プロファイリングマニュアルだけでも読破しておいて下さい。アナタをデキル受験生からウカル受験生へとレベルアップさせてみせます。」
の言葉は本当でした。

まとまりのない長文になってしまいましたが、2週間の準備で合格できたのはウラ指導のおかげです。ありがとうございました。