ウラ指導マーケット


ウラ指導が厳選したオススメの書籍.

一目でわかる建築計画―設計に生かす計画のポイント
オススメNo.1
一目でわかる建築計画―設計に生かす計画のポイント
著者:青木義次他
出版社:学芸出版社

>>楽天ブックス へ
>>Amazon.co.jp へ

製図試験対策にも,学科試験対策にも,そして,実務にも役立つ建築計画のチェックポイントをまとめた一冊です.非常に読みやすく,あっという間に読み終わりますが,ベテラン実務者並みに計画力を強化することが出来ます.
アクティビティを設計せよ!
オススメNo.2
アクティビティを設計せよ!
著者:小嶋一浩
出版社:彰国社

>>楽天ブックス へ
>>Amazon.co.jp へ

元シーラカンスの小島さんがまとめた設計マニュアル本です.この本をおススメする理由は,単に計画上の概念的な話がズラズラと並べられているのではなくて,見開きでドーンと建築作品の写真が掲載されており,そこに寸法や,計画上の注意事項,使い勝手などが記載されている所です.それを参考として,例えば自分の部屋や,建物見学した際の空間の写真を印刷したものに,寸法等を書き込んでみて欲しいのです.ある受験生もそれを実践しておりました,こちら
イラスト建築防火
オススメNo.3
イラスト建築防火
著者:たかぎただゆき
出版社:近代消防社

>>楽天ブックス へ
>>Amazon.co.jp へ

建築防火・防災についての考え方が,非常にわかりやすくイラストを多用しながら丁寧に解説されています.今後の実務にも非常に役立つでしょう.例えば,感知器の種類については,こちらのように解説されています.一級建築士として,最低限,差動式スポット型,定温式スポット程度は,その仕組みを知っておきましょう.かなりお勧めの一冊です.
やさしい建築設備図面の見方・かき方
オススメNo.4
やさしい建築設備図面の見方・かき方
著者:阿部正行/千葉孝男他
出版社:オーム社

>>楽天ブックス へ
>>Amazon.co.jp へ

建築物の設計計画段階から施工段階までの間には,たくさんの図面が用いられています.本書は,この各種建築設備関係図面について,基本的な見方・かき方が理解できるように,標準的な中規模ビルをモデルとして,体系的にわかりやすく解説してあります.設備設計一級建築士受験生達の中で最も評判になった本です.
建築家のための住宅設備設計ノート
オススメNo.5
建築家のための住宅設備設計ノート
著者:知久昭夫
出版社:鹿島出版会

>>楽天ブックス へ
>>Amazon.co.jp へ

給排水・給湯・衛生から,冷暖房,換気,電気まで…住宅・小規模建築の設備設計マニュアル.設備記号の意味,使い方を理解しながら設計のポイントを学び,設備設計図が描けるようになる優れ本.一級建築士必携の1冊.
図解 給排水衛生設備の基礎
オススメNo.6
図解給排水衛生設備の基礎
著者:山田信亮
出版社:ナツメ社

>>楽天ブックス へ
>>Amazon.co.jp へ

本書では建築設備のうち,生きていくために最も必要な「給排水衛生設備」について,さらに8つに細分化し,分かりやすくかつ詳細に説明しています.なお,この本は,一般の方々から建築設備の仕事をしている方々まで,幅広くご愛読いただけるように,巻末に給水管および排水管の管径を決定するまでの解き方,さらにそれらの資料なども付けてあります.
ストーリーで面白いほど頭に入る建築設備
オススメNo.7
ストーリーで面白いほど頭に入る建築設備
著者:小林苗
出版社:エクスナレッジ

>>楽天ブックス へ
>>Amazon.co.jp へ

住まいの相談室 Q&A 100
オススメNo.8
住まいの相談室 Q&A 100
編者:社団法人日本建築士会連合会
出版社:テツアドー出版

>>楽天ブックス へ←完売
>>Amazon.co.jp へ←完売

医師には「医師会」が,弁護士には「弁護士会」があるように建築士には,建築士法に基づく「建築士会」という組織が全国47都道府県に存在します.各都道府県の建築士会では,住宅トラブルについての住宅相談を行なってきましたがそこでの相談内容とその解決策を1冊の本にまとめたものです.第3者的な判断基準書として,クライアントとの打合せの際に活用して頂けたらと思います.